FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

書店、生き物……今日読んだ本たち。

  • 田口久美子『書店繁盛記』(ポプラ社)
  • 富田京一『トミちゃんのいきもの五十番勝負 手提げコウモリは電気冷蔵庫の夢を見るか?』(小学館)


西武文化華やかりし頃の回想録的内容だった前著『書店風雲録』に比べると、『繁盛記』ではリアル書店のリアルな姿、つまり書店の「いま」がたっぷりと描かれているので、新刊書店に関心のある人には大いに読み応えのある1冊だろう。出版社の人間としては耳の痛い話題もけっこうあるのだが、そういう点も含め、最後までおもしろく読めた。


この本については、小見出しになっているテーマそれぞれにいちいち感想を記したいぐらいなので、今日は読了の報告のみ、後日、あらためて詳細に取り上げたい。


【“書店、生き物……今日読んだ本たち。”の続きを読む】
スポンサーサイト



涙香×2……今日買った本たち。

  • 黒岩涙香『黒岩涙香探偵小説選I』(論創社)
  • 黒岩涙香『黒岩涙香探偵小説選II』(論創社)


9/4の日記で紹介した論創社「論創ミステリ叢書」、シリーズ最新刊がこの2冊です。先行した久山秀子、橋本五郎、山本禾太郎らに比べれば、シリーズ中、比較的よく知られた名ではあるでしょう(実際に読まれているかどうかは別にして、ですが)。


【“涙香×2……今日買った本たち。”の続きを読む】

「棚揃えは、書店からのメッセージ」、であってほしい

以前の日記でも紹介したことのあるフリペ「本のとびら」(読売新聞社)の03号が配布されています。今回の特集は「棚揃えは、書店からのメッセージ」と空犬好みなので、ちょっと紹介しておきます。


本のとびら

サイトで目次や配布場所が確認できるほか、各記事の全文が読めるようにもなっているので、近くの書店に見あたらないという方はWebで読むのもいいでしょう。


【“「棚揃えは、書店からのメッセージ」、であってほしい”の続きを読む】