FC2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

群像、ギター、宅録……今日買った本たち。

  • 『群像』2006年10月号(講談社)
  • 『ギター・マガジン』2006年10月号(リットーミュージック)
  • 『サウンドデザイナー』2006年10月号(ディー・アンド・エー)


【“群像、ギター、宅録……今日買った本たち。”の続きを読む】
スポンサーサイト



新しい辞書のかたちとなるか、三省堂Dual Dictionary

編集という仕事がら、辞書をよく使う。なので、こういう記事はちょっと気になったりする。


この数年、紙の辞書の売り上げはずっと下り坂。代わりに伸びているのが電子辞書。この辞書市場の主役交代については、上の記事でもふれられているし、これまでも全国紙の記事などで取り上げられているから、ご存じの方も多いだろう。辞書といえば、かつては、新学期の辞書シーズンには当たり前のように、万、十万、百万の単位で売れていた商品である。それがこんなふうになるなんて、紙の辞書しかなかった学生時代を過ごしているぼくのような身にはなんだか信じられないような状況だ。


【“新しい辞書のかたちとなるか、三省堂Dual Dictionary”の続きを読む】