空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

どこを開いても忠犬愛犬だらけ……犬派に読んでほしい『全国の犬像をめぐる』

こんなハンドルでこんなアイコンなものだから、犬関係の人(笑)だと思われるのでしょう。ツイッターではしばしば犬関係のアカウントのみなさんからフォローされます。でも、おそらくは、そういうみなさんをがっかりさせているに違いないと思うのです。なにしろ、犬的なことを一切につぶやきませんから。


残念ながら家庭的・環境的な事情で、犬と一緒に暮らすことができたのは、実家で両親とくらしていたわずかな期間のみ。子どものころも犬と暮らしたことはありませんし、現在も残念ながら我が家にはいません。まったく犬寄りとは言えない人生を送ってきて、そして今も送っているわけです。(人生でいちばん犬と距離が近い生活をしていたのはこの記事の後段に書いたころです。)


でも。犬は大好きなんです。心は犬族だと思っているぐらい。


だから、たまには、犬派として、こんな本を紹介してみようと思ったのでした。



【“どこを開いても忠犬愛犬だらけ……犬派に読んでほしい『全国の犬像をめぐる』”の続きを読む】
スポンサーサイト

『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』……新たな本屋本がまもなく発売になります

まもなくこんな本屋本が出ます。



書影 街の本屋さん

書き手はBOOKSHOP LOVERなる、本屋愛あふれる、ナイスな筆名というかハンドル名でも知られる和氣正幸さん。本人のサイトから内容紹介を引くと、こんな本です。


【“『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』……新たな本屋本がまもなく発売になります”の続きを読む】

表紙も本文も最高です……昆虫学者のおもしろノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』

これ、とにかく、めっぽうおもしろい本でした。



書影 バッタを倒しに

仮面ライダーの怪人、それも旧1号時代の怪人にしか見えないご本人がかっこいいポーズを決めている表紙からして、もう最高(笑)。「恐怖! 怪人バッタ男」(あの昭和特撮の書体で)。そういう目で見ると、書名も特撮っぽいものなあ(笑)


すごいのは表紙だけではありません。本文もすごいんですよ。「まえがき」を読み始めると、5行目にいきなり衝撃的なことが書いてあるのです。


【“表紙も本文も最高です……昆虫学者のおもしろノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』”の続きを読む】

FC2Ad