空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

ノミネート、されちゃったのね……

それはないだろうと、さすがに今回、それはないだろうと思っていたんですが、ああ、ノミネート入りなんですね。『1Q84』。「本屋大賞候補に「1Q84」など10作」(1/22読売新聞)。


リリーさんのときも、さんざん言われたり書かれたりしたはず。すでにたくさん売れたもの売ったものを、「売りたい本」として選ぶとは……みたいなことを……。ベストセラーの後付けみたいな賞でいいのか、みたいなことを……。


そのときの経験が活かされるならば、今回は、何か手を打てたんではないでしょうか。書店員の“強い意志”ではずすとか。村上本は思い切って殿堂入りではずすとか、ミリオンははずすとか、間に合わせルールでもなんでもいいから、なんとかできなかったんだろうか……。本屋大賞、どうする……。


スポンサーサイト

本屋大賞、ノミネート10作発表です

本屋大賞のノミネート作品が発表になりましたね。「2009年本屋大賞ノミネート10作品発表!」


直木賞受賞作、このミス国内1位作家、キノベス1位作、日本SF大賞作、週刊文春のミステリーベスト10の1位作品と3位作品……ほかにもまだあるかもしれませんが、受賞歴やランキングだけでもすごい作品群ですねえ。


最近のエンタメ小説はそれほどちゃんと読んでいるわけではないのですが、いまちょうど、エントリーされているうちの1冊、これを読んでいます。ほんとは冬休み読書になるはずだったんですけどね。


  • 貴志祐介『新世界より』上下巻(講談社)


【“本屋大賞、ノミネート10作発表です”の続きを読む】

芥川賞・直木賞が決まって、なぜか落選史に惹かれたり

芥川賞・直木賞が決まりましたね。

「芥川・直木賞:芥川賞に津村さん 直木賞に天童さんと山本さん」(1/16毎日新聞)、


「「ポトスライムの舟」で芥川賞受賞 津村記久子(つむらきくこ)さん(30)」


「「利休にたずねよ」で直木賞受賞 山本兼一(やまもとけんいち)さん(52)」

「「悼む人」で直木賞受賞 天童荒太(てんどうあらた)さん(48)」 (1/15産経新聞)




一時期は、芥川賞は熱心に追いかけてたんですが、最近はノミネート作品も知らない作家名・作品名が増え、受賞作もちゃんと読んでなかったり。そうそう、芥川賞、と言えば、最近、新書で出たこんな本が気になっています。


【“芥川賞・直木賞が決まって、なぜか落選史に惹かれたり”の続きを読む】

FC2Ad