空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

角川文庫の横溝作品装画でおなじみ、杉本一文先生関連イベントが複数開催されます

角川文庫の横溝正史作品の表紙を飾った、たくさんの妖しく怪しい装画で、下は小学生から上は筋金入りのマニアまで、昭和の探偵小説好きをわくわくどきどきさせてくれた杉本一文先生。先生から、展覧会の案内をいただきましたので、ご紹介します。



チラシ 日本ミステリー文学展 表チラシ 日本ミステリー文学展 裏

↑展覧会のチラシ。こちらからダウンロードできます。


【“角川文庫の横溝作品装画でおなじみ、杉本一文先生関連イベントが複数開催されます”の続きを読む】
スポンサーサイト

銀座・教文館で開催中の偕成社の展示、超幸せな空間でした

銀座の本屋さん、教文館の9階にあるウェインライトホールで、現在こんな展示が開催されています。



160513 偕成社の80年 案内ハガキ1160513 偕成社の80年 案内ハガキ2

展示の内容など、くわしい案内は偕成社のサイトにあります。こちら


この展示、あさって5/15までということで、ぎりぎり過ぎの紹介になってしまったんですが、とてもすてきな展示だったので、空犬通信をご覧になっているみなさんが間に合えば、ぜひこの週末に見に行っていただきたいと思い、あえてこのタイミングで紹介する次第です。(展示スペース内の写真は撮影可能とあるところを撮影したものです。写真は5/13の様子で、展示スペース内の様子は変わっている場合があります。)


【“銀座・教文館で開催中の偕成社の展示、超幸せな空間でした”の続きを読む】

なつかしいしおりがいっぱい!……書泉のしおり展を見てきました

先日の記事で紹介した、この展示を見てきましたよ。



160405 書泉しおり展1

昨日(4/16)で終了となってしまったこの展示。残念ながら実際の展示を見られなかったという方のために、会場の雰囲気がわかる写真を少しあげておきます(会場内は撮影可でした)


160405 書泉しおり展2160405 書泉しおり展8

↑しおりは、このように、額にきれいに並べられていました。左は、建物と船を集めたもの。白地にイラストをあしらったものが多いようですが、色上質紙を使ったタイプのものもあります。同じ絵柄で、色だけを変えて何パタンも用意されたものがあるのもわかります。



【“なつかしいしおりがいっぱい!……書泉のしおり展を見てきました”の続きを読む】