空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

書店・町本会関連の記事を寄稿した『ほんまに』17号が発売になりました【更新】

先日の記事でご案内した、神戸の出版社、くとうてん刊行の『ほんまに』の最新号が届きました。



ほんまに17書影

「それでも『町には本屋さんが必要です』(と言いたい)……町本会以降の本屋さん」という、長い長いタイトルの記事を寄稿しました。当方の記事のほかにも、髙田郁さん、石橋毅史さん、平野義昌さんらによる本屋関連の興味深い記事がたくさん掲載されていますので、本屋好きのみなさんにはぜひ手にとっていただければと思います。ちなみに、特集は神戸生まれの作家、陳舜臣です。


取扱店舗については、くとうてんのサイトに一覧が載っていますので、そちらをご覧ください。




【“書店・町本会関連の記事を寄稿した『ほんまに』17号が発売になりました【更新】”の続きを読む】
スポンサーサイト

「出版社として、客として、沖縄で思う「町の本屋さん」のこと」を読んでほしいのです

本と本屋さんについて書かれたすてきな文章に出合うと、その書き手が知らない人でもうれしいし、知っている人だと、もっとうれしい。



書き手はボーダーインクの喜納えりかさん。那覇の本屋さん、ブックスおおみね、『本屋会議』にも登場する金武文化堂にふれられています。でも、ただの本屋さん紹介文ではなく、読み手に本屋さんのことを考えさせずにはいられないものになっています。


『本屋会議』にも登場する金武文化堂の新嶋さんは、町本会に参加したあと《一念発起して、本屋開業を目指す人向けの講座に申し込んだ。週1回の講座で、会場はなんと横浜だった。毎週、金武から那覇まで行って飛行機に乗り、ホテルに泊まって全ての回を受講した》のだそうです。那覇から横浜に通うって……驚くほかありません。


書き手の喜納さんは、《町本会が終わってからしばらくは、「町の本屋さん」にばかり行ってい》て、《とても久しぶりに本を注文》したそうです。《わたしはネット通販はぜんぜん使わないのに欲しい本はすぐ手に入っていたのだから、知らないうちに便利な世の中を生きていたんだな、と気づく》。


新嶋さんさんも喜納さんも、おそらくは、自然にそのようなことになってしまった、というか、そうせざるを得ないような、そんな気持ちになったのではないかと思うのです。町本会に参加したり、『本屋会議』を読んだりしてくださった方が、何かしら行動を起こしてくださること。町本会と『本屋会議』に関わった身にとって、これほどうれしいことはありません。


【“「出版社として、客として、沖縄で思う「町の本屋さん」のこと」を読んでほしいのです”の続きを読む】

『本屋会議』のすてきな紹介動画が……小橋めぐみさんの「本のめぐみ」で紹介されました

『本屋会議』(夏葉社)がメディアで紹介されたことを報告する記事をアップしたその日に、別のところで紹介していただいたものに気づきました。なんだかタイミングの悪いことになってしまいましたが、とてもうれしい紹介動画なので、『本屋会議』関連が2日連続になりますが、紹介したいと思います。





ぼくはテレビを観ないもので存じ上げなかったんですが、小橋めぐみさんは、読書家で知られる女優さんとのことで、「本のめぐみ」のプロフィールには、《本を読むことが何より好きで、読書感想や日々を綴るオフィシャルブログは好評を得てい­­る》とあります。ブログは、こちら


その小橋めぐみさんと、青山ブックセンター本店の書店員、山下さんのお二人が、おすすめ本を紹介するのが「小橋めぐみの 本のめぐみ」(北青山チャンネル)


『本屋会議』をセレクトし、すすめてくださったのは山下さん。うれしいなあ……(涙)。ありがとうございます。小橋めぐみさんはこんなふうにコメントしてくださっています。「これ、ほんとにいい本で、この本もすべての本屋さんに1冊ずつでも置かれてほしいなと思いました」。「本好き中学生の三年間」や、ウィー東城店の写真にもふれるなど、お二人とも『本屋会議』について、とてもとてもうれしい紹介をしてくださっていて、書き手の一人として、感激してしまいました(涙)。


【“『本屋会議』のすてきな紹介動画が……小橋めぐみさんの「本のめぐみ」で紹介されました”の続きを読む】