空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

中野ブロードウェイで半世紀……明屋書店中野BW店

実は(これだけさんざん特撮のことを書きまくっているくせに今さら「実は」などと断ることはまったくないのですが;苦笑)中野ブロードウェイ、けっこう好きで、たまに遊びにいきます。


170318 中野BW パンフ

中野ブロードウェイといえば「まんだらけ」で、まんだらけの魅力、とくに古書店としてのまんだらけのすごさについてはいつかきちんと書きたいのですが(というのも、まんがだけでなく文字ものの古書店としてもかなり強力なのに、古本好き古本屋好きと話していてもあまり言及されることがない気がするので)、それはまたの機会にということで、今日は明屋(はるや)書店中野BW店のことを。


170318 明屋中野BW 外観1

明屋書店中野BW店、50周年なんだそうです。今調べたら、1966年の中野ブロードウェイの開業時に東京本社、つまり現在の中野BW店がオープンしているようなので、正確には昨年だったんですね。気づくのが遅れました。それはともかく。中野ブロードウェイで半世紀。すごいなあ。


【“中野ブロードウェイで半世紀……明屋書店中野BW店”の続きを読む】
スポンサーサイト

『本屋図鑑』掲載店がまた1つ……あゆみBOOKS小石川店がまもなく閉店に

大変残念なことに、またしても『本屋図鑑』(夏葉社)掲載店が1軒、店を閉じることになりました。



170311 あゆみ小石川 外観3

同店は2005年4月のオープン。閉店の理由について、新文化の記事には、《店舗周辺の再開発事業工事などにより来店客数、売上げが減少し》たためとあります。


『本屋図鑑』の取材で、夏葉社の島田さん、イラストレーターの得地直美さんと一緒にあゆみBOOKS小石川店を訪ねたのは、2012年のことでした。当時、同店の店長だった久禮亮太さん(現在は同店を離れ、フリーランス書店員として活躍中)に、主に人文の棚作りについて、実際に棚を端から順に見ながら懇切丁寧に解説してもらったのを、今でも鮮明に思い出します。


【“『本屋図鑑』掲載店がまた1つ……あゆみBOOKS小石川店がまもなく閉店に”の続きを読む】

銀座の本屋さん

本好きに支持の厚い書原阿佐ヶ谷店や、当ブログでも何度も取り上げているブックハウス神保町の話題にやや隠れてしまった感がなきにしもあらずですが、まもなく東京・銀座の本屋さん、ブックファースト銀座コア店が閉店になります。


同店は、2003年に、それまでくまざわ書店が入っていた銀座コア6階にオープン。オープンのときに駆けつけて、開店記念として、(うろ覚えですが)とってのついたビニール製のブックカバーをもらった記憶があります。


このお店には、一時期、本業の仕事の用事で熱心に通っていたことがあるのですが、担当の方にもよくしていただくなど、いい思い出がたくさんあるお店です。閉店前に見ておきたいと思い、先日、訪ねてきました。


1702 ブックファースト銀座コア店 11702 ブックファースト銀座コア店 2

↑中央通り側から。看板と建物入り口の様子。


【“銀座の本屋さん”の続きを読む】

FC2Ad