空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

あの珍書プロデューサーが新レーベル始動?!……パブリブから『デスメタルアフリカ』刊行

いやはや。すごい本をいただいてしまいました。



デスメタルアフリカ書影

ハマザキカクさん(@hamazakikaku)が起こした新レーベル「パブリブ」からの第一弾です。ご覧くださいな、刊行第一弾がこの表紙、そして、このテーマ。すごい迫力、すごい情報量。


ぼくも音楽は相当熱心に聴いてるほうだと自分では思っていましたが、こういう本を見せられてしまうと、(当たり前のことではあるんですが)世の中には知らない音楽がまだまだたくさんあるのだなあ、と、そんな何も言ってないに等しい間抜けな感想しか出てきませんね。それほどの衝撃です。なにしろ、ぱらぱらといくらめくってみても、見たことのあるミュージシャンの写真、アルバムジャケなんて、一枚も出てきませんし、聞いたことのある名前もない。聞いたことない、どころか、どう読むのかさえわからない欧文文字列もあちこちに。当方が知っている情報、「ゼロ」なんですよ、文字通り。160ページほどの並製本ですから、薄手の冊子ぐらいのボリュームなんですが、そのなかに、未知の世界がぎゅっと詰まっている感じです。圧倒されます。


ぼくはこのジャンルはまったくの門外漢で、中身については残念ながら何一つコメントができませんので、ぜひパブリブのサイトをご覧ください。また、ツイッターで「デスメタルアフリカ」や「パブリブ」で検索すると、早くも音楽好きの間で話題になっている様子がよくわかりますよ。


ハマザキカクさんは、本業は、ある出版社の編集者で、そちらの籍はそのままに、今回、版元を立ち上げたわけですから、「ひとり出版社」というか、「副業出版社」というか「兼業出版社」というか。とにかく、新しいかたちですね。本業のほうでも、相当にユニークで、ご本人の趣味性を全面的に開示したとおぼしき本をいくつも出していますが、それなのに、さらに版元を立ち上げてまで自分の愛する音楽の本を出そうというのだから、その情熱は半端ではありません。この徹底ぶりはさすがとしか言いようのないもので、とてもじゃないけど、自分にはつくれないタイプの本だなあと、感銘と刺激とを受けまくっているところです。(中身はさっぱりわからないけど(笑)。)

【“あの珍書プロデューサーが新レーベル始動?!……パブリブから『デスメタルアフリカ』刊行”の続きを読む】
スポンサーサイト

「小さな出版社のおもしろい本」がおもしろい

おもしろいテーマのムックが出ましたね。



小さな出版社の 書影

個人的によく知っているところから、本書で初めてその名を知るところまで、全国の小さな出版社125社とその出版物が紹介されています。これは、いいテーマだなあ。地方出版・小出版関係の本はないわけではないですが、特定の地方にフォーカスしてまとめられた専門的なものが多かったように思います。本書のように、全国の出版社を取り上げ、社とその出版物をカラー写真を使って、一般読者にもその魅力が伝わりやすいよう、わかりやすくまとめたものは、初めてではないでしょうか。単純に、読んでいて楽しいし、さらに、後々、資料としても貴重なものになりそうな気がします。


「8つの小出版社の物語」と題する章では、岩田書院、ミシマ社ら、8社にスポットがあてられています。アルテスパブリッシング、夏葉社も取り上げられています。このほか、どんな社・地方雑誌・リトルプレスが取り上げられているかは、版元の紹介ページに目次があがっていてそちらで見られますので、ご覧ください。


出版社にスポットをあてたつくりですが、「地域に光を当てた良書を読者の元へ 小さな出版社の本を応援する地元書店」、「一度は利用したい素敵な読書空間 美しすぎる地方図書館」、「小さな出版社が手がけるブックカフェ 本と珈琲で心満たされる時間」といった、本にふれる場所に関する記事もあります。


本の世界の魅力を多面的に伝える、いいムックだと思います。本好きのみなさんは、本屋さんの店頭で見かけたら、ぜひ手にとってみてください。


5周年おめでとうございます!……「夏葉社まつり」が開催されます

吉祥寺の一人出版社、夏葉社が創立5周年を迎えます。おめでとうございます。5周年を記念して、「夏葉社まつり」が開催されます。


    夏葉社まつり
    日時:9月6日(土)
    11:00〜18:00 古本市(阿佐ヶ谷・CONTEXT-S
    19:30〜 ライヴ(荻窪・ルースターノースサイド
    出演:チラシとツイート(後述)参照
    会費:ライヴは投げ銭方式
    *予約不要です。

夏葉社まつり チラシ

↑いい味が出すぎていて、小学生が作った地域の夏祭りのチラシにしか見えない、「夏葉社まつり」のチラシ


島田さん、よほど忙しいのか、自社の5周年記念イベントだというのに、夏葉社のサイトにも情報があがっていないので(苦笑)夏葉社のツイッター(@natsuhasha)の情報を引きます。


《【拡散希望】9月6日(土)「夏葉社まつり」を開催いたします。弊社と縁の深い8書店が集う「古本市」(at阿佐ヶ谷)、関口直人さん、吉上恭太さん、岡崎武志さんたちが歌う「熱狂のライブ」(at荻窪)。どなたでもご参加できます。来て下さーい! 》


《【夏葉社まつり参加書店】 古書音羽館、古書コンコ堂、古書ビビビ、シトロンブックス、水中書店、盛林堂書房、善行堂、百年(アイウエオ順)。その他、入江祐二さん、高橋和枝さん、得地直美さんがこの日のために手づくりグッズをご用意下さいます。特製のお菓子、飲み物もご用意しています。ぜひ!》


《夜のライブ(19時半〜)は投げ銭方式。予約不要。ワンドリンクオーダー。 関口直人さん、吉上恭太さんとサイハテ楽団、古本バンド(岡崎さんのバンド)、ブックストリートボーイズ、BOEES、C調ボーイズが歌い、演奏します。 お一人さまでも、グループでも、お酒片手に、気楽にご参加下さい。》


《「夏葉社まつり」は弊社の5周年のお祝いです。ですので、弊社の本を読んでくださっている人、みなさんに来てほしいのです。楽しんでいただくために、これからいろいろ準備いたします! がんばります!》


ライヴの出演者のうち、C調ボーイズは、島田さんのバンド。過去のブックンロールに来てくださった方にはおなじみですが、『あしたから出版社』などで最近島田さんのファンになった方だと、島田さんがバンド活動をしていること、ドラムをたたくことを知らない人もいるでしょう。今年のブックンロールには出演しなかったので、島田さんが人前で演奏するのは久しぶりの機会です。すてきな本を手がける出版人としての島田さん、ユニークであたたかい文章の書き手としての島田さんしか知らない人には、島田さんの別の一面を知るいい機会です。ぜひ島田さんの勇姿を見に来てください。


ちなみに、わたくし空犬は、ライヴのほうに出演させていただきます。BOOKSルーエ花本武氏とのユニット「ブックストリートボーイズ」で、花本氏が島田さんに贈るお祝いポエトリーを披露する予定です(空犬は伴奏です)