空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

ロンドン書店回り その7……買ってきた本たちのこと

ロンドン書店回りレポート。買ってきた本の報告です。


学生のころにイギリスに旅行したときは、今と違って、オンライン書店で手軽に洋書を買えるような時代ではありませんでした(なにしろ、四半世紀前のことなので(苦笑)から、ここぞとばかり、貧乏学生には不相応なほどたくさん本の買い物をしたものです。あまりにたくさん買ったので、当然スーツケースには収まりきらず、あちらから船便で送る羽目になりました(苦笑。2、3か月ほどかかったうえ、やっと届いたら外箱がぼろぼろになっていて、びっくりした記憶があります)


当時(1980年代の終わりごろ)、都内には洋書屋さんがたくさんあって、リアル書店の洋書店という意味では今よりもずっと充実していたんですが、ただ、なんといってもやはり貧乏学生には洋書は高かった。それに、いくらリアル書店が充実しているとはいえ、日本では見かけない本、入手できない本もありましたしね。ですから、海外旅行の主目的のひとつが、現地で本を買うことというのは、おそらくそんなに特別なものではなかったろうと思うのです。


時代は変わり、今では、洋書は通販でずっと手軽に買えるようになり、レートも最新のものが適用されるため、値段もずいぶんこなれています。なので、現地で本を買うことの重要性は、相対的にはずいぶん薄れてしまいました。


ただ、そこは、ふだんからリアル本屋さんでの買い物を大事にしている身のことですから、やはり、すてきな本屋さんがあったらそこで本を買いたい。後で通販で買えるとわかっていても、その本との出会いを作ってくれたお店で買いたい。そういうものですよね。それでも海外旅行の場合は、荷物と移動の問題もありますから、日本でと同じ感覚で買いものをするわけにはいきません。


今回の旅では、広義の本関係にテーマを絞って、買いものをしてきました。全部ではありませんが、ロンドンでの書店回りに役立ちそうな本屋本などもありますので、うちいくつかをご紹介します。


【“ロンドン書店回り その7……買ってきた本たちのこと”の続きを読む】
スポンサーサイト

ナボコフの未発表長編、まもなく米英で発売

さすがに風邪っぴきのときは中断してましたが、ふだんは、毎晩寝る前に、こんな本を少しずつ読んでます。




ナボコフと言えば、言葉の選び方、構成、自著の翻訳の出来など、自作のあらゆる面に徹底的にこだわった人。ナボコフの、そうした自著への執着というか執念というか、そういう面が書簡集にもあらわれていて、とてもおもしろい読み物になっています。


『ロリータ』の訂正リスト(著者本人が校正・校閲した結果)をエージェントに送ったときの書簡なども、リスト込みで収録されています。これだけでも、決して安価とは言えない本書を手にとる価値があるというもの。




↑左が続き。ナボコフの書簡集には右も。



【“ナボコフの未発表長編、まもなく米英で発売”の続きを読む】

洋書バーゲンに行かなくちゃ!

ああ、すっかり忘れてた! 昨日から始まってるはずの紀伊國屋書店洋書バーゲン


場所は新宿タカシマヤ10F催事場で、期間は7/23(日)まで。洋書読みのみなさんは忘れずに、タカシヤマへレッツゴー!

FC2Ad