fc2ブログ

空犬通信

本・本屋好きが、買った本、読んだ本、気になる本・本屋さんを紹介するサイトです。

「出版飲み会サミット 2014」に関するご案内……自己紹介スピーチを募集します!

先日の記事でご案内しました「出版飲み会サミット2014」@阿佐ヶ谷ロフトAに関するご連絡です。(満席のため、予約受付終了、現在はキャンセル待ちのみ受付とさせていただいているイベントです。ご参加のご予定のある方のみ、ご覧いただければと思います。)


おかげさまで、予約受付開始からわずか数日で満席となりました。たくさんの方に注目していただき、主催者・関係者一同、うれしく思っております。あらためて御礼申し上げます。また、予約が間に合わなかった
できなかったという方には本当に申し訳ありませんでした。


【“「出版飲み会サミット 2014」に関するご案内……自己紹介スピーチを募集します!”の続きを読む】

出版・書店業界関係の集まりが一堂に?!……「出版飲み会サミット 2014」が開催されます

ちょっと早めの忘年会……いや、さすがに早過ぎますか。それはともかく。来月、こんなイベントを開催することになりました。


    出版飲み会サミット 2014
    日時:11月14日(金)OPEN 19:30 START 20:00(〜23:00)
    場所:阿佐ヶ谷ロフトA(東京・阿佐ヶ谷)
    会費:2500円(2ドリンク+軽食)*WEB予約制

    幹事:空犬、ハマザキカク


イベント、というか、飲み会ですね。


出版・書店業界にはいろいろな飲み会・集まりが存在します。地域別だったり、会社単位だったり、趣味がベースだったり、内輪向けだったり外部参加可だったり、規模や内容もさまざま。しかしながら、そうした飲み会同士の「横の」つながりは意外と希薄です。お互い「何となく聞いたことがある」「ツイッターで目にしたことがある」というぐらいの認識だったりことがほとんどでしょう。よく知らないばかりに、下手すると、妙なライバル意識(?)を抱いてしまっている、なんてことまであるかもしれません。


一方、どの会にも参加したことがない人にしてみれば、誘われないかぎり、どのように輪に入ったらいいのかもわかりません。なんだかなあ、という気分でいらっしゃる方もいるかもしれません。本来はどの集まりも排他的なものではないのに、なんだかそのようなものだと思われてしまっていることがあったら、残念ですよね。


ぼく自身もいくつも企画・取材を手がけてきましたが、出版・書店関連のトークイベントなどの後には、飲み会(交流会)が開催されることが少なくありません。ただ、トーク終了後の会は時間が遅くなりますから、遠方の方はなかなか参加できません。また、時間もかぎられているため、「交流会」といいながらも実際には、出演者と参加者、参加者同士がなかなか交流ができないことも多いようです。はたまた、イベントには興味がないけれど、その後の交流会、飲み会には参加したい、などという意見もときどき耳にします。


ならば。最初から、その「交流会」がメインの会があってもいいのでは。余計(イベントの企画者がこう書くのもなんですが;笑)なトークや催し物はなしにして、最初からイベント自体が2次会のノリの集まりにすればいいのでは。単独で企画するよりも、出版・書店業界内のあちこちに存在するいろいろな集まり・飲み会の垣根を取りはらい、出版・書店業界合同飲み会にするのがいいのでは。そんなふうに考えて、お互いの親睦を深めることができ、まだこの業界で知り合いが少ない人たちも歓迎できるような、そんな会を開催することにしました。


その名も「出版飲み会サミット」。ハマザキカクさんと一緒に企画したものなので、ほんとは、もっとおもしろい名称にしたかったのですが、現時点ではこんな感じになりました。もしかしたら、当日のノリで、名称が変更になるかもしれません(笑)


現段階で参加を表明してくれている団体は以下の通りです(五十音順)



いずれも本の世界に関わっている人なら、または、一般の方でも本好き本屋好きの方はら耳にしたことがあるのではないかと思われる団体です。この後も、さらに増える可能性があります。これらの会の幹事や代表者はもちろん、主要メンバーの多くが参加する予定です。


【“出版・書店業界関係の集まりが一堂に?!……「出版飲み会サミット 2014」が開催されます”の続きを読む】

「パブ シャーロック・ホームズ」を訪ねてきました

今日は夏休みをとって、親子でお出かけ、帰りがけに、こんなところに寄ってきましたよ。



パブシャーロック・ホームズ 1パブシャーロック・ホームズ 2パブシャーロック・ホームズ 3

↑看板と正面のウインドー。看板は、おなじみの横顔シルエット。人の写り込みを避けたら、妙な感じになってしまいました。


早川書房のサイトから案内を引きます。《早川書房1Fの「カフェ クリスティ」が期間限定で「パブ シャーロック・ホームズ」に大変身! コレクターが集めた貴重なグッズの展示をはじめ、素敵なプレゼントが当たるホームズ・トリヴィアクイズなど、シャーロキアンならずとも誰でも楽しめる「パブ」に変わります!》


《もちろん1パイントグラスビールとフィッシュ&チップスなど、ベーカー街に佇む英国パブ風のFOOD&DRINKも充実。ホームズ関連書籍、グッズの販売も行ないます。お気軽にお立ち寄り下さい。スタッフ一同お待ちしています》。


新文化の記事には、店内の様子がわかる写真もありますので、そちらからも引きます。《映画や、テレビドラマの宣伝ポスターやチラシのほか、翻訳家でホームズ研究家・日暮雅通氏所有のホームズの人形やカップも展示している》。


《ホームズ作品の舞台、ベイカー街にちなみ、イギリスのパブ風フード、ドリンクを提供。作品の名セリフが記されたオリジナルコースターも作製した。ホームズにちなんだトリビアクイズも用意された》。


パブシャーロック・ホームズ 4パブシャーロック・ホームズ 5

↑ウインドーには、関連書籍やグッズのほか、おなじのホームズルックの衣装も。これは店内で借りて写真撮影などもできるそうです。我が家のホームズ好きはちょっとはずかしがってしまって、帽子だけ試してました。入口を入ってすぐのところには、ベーカー街221Bの部屋を再現したドールハウスが。


パブシャーロック・ホームズ 6パブシャーロック・ホームズ 7

↑メニューとコースター。種類こそあまり多くはないのですが、英国パブ風のメニューが並んでいます。「シャーロック」「ホームズ」「ワトスン」「ピンク色の研究」といったオリジナルカクテルも目を引きます。それぞれどんなものかは、ぜひお店で実際に試してみてください。最後の「ピンク」だけノンアルコールカクテル。


コースターには、正典からの引用が印刷されています。何種類かあるようで、セットになったものは販売もされているようでした。


パブシャーロック・ホームズ 8

↑席につくと、クイズとアンケートが配られます。写真はクイズ。これから挑戦する人もいるでしょうから、本文は見えないように。ちなみに、我々親子は二人そろってホームズ読み。正典を読み返すこともありますし、最近は、NHKの再放送でグラナダ版も一緒に観ています。これは当然、満点を狙って、高得点者に発行されるという認定証をゲットしようと、張り切ってトライしたんですが、意外に難しい問題があって(何種類あるのかわかりませんが、配られたものは「上級編」となっていました)、凡ミスを重ねたりしたこともあり、二人とも、認定証発行の点数にわずかに届かず。うーん、悔しいなあ。ホームズ読みを自認するみなさんはぜひトライを。もちろん、スマホで検索したりなど、ずるはなしでね。


パブシャーロック・ホームズ 9

↑関連書籍も売っていましたが、早川書房のものがわずかに数点とやや控えめ。飲食にお金を使う人が来る場所ですから、本は意外と売れない、という読みなんでしょうね。最近出たパスティーシュもののこちらを購入。


この他、店内なので、撮影は遠慮しましたが、壁面には、古今東西のホームズもののドラマ・映画のスチルやホームズ役俳優のポートレート、『ストランド・マガジン』の表紙などのコピーがずらりと貼られ、ホームズ一色。それらを眺めているだけでも楽しめますよ。


営業は17〜22時、平日のみで、8/29(金)までとのことです。場所は、早川書房の入っている第3ハヤカワビルの1階、カフェ クリスティ。地図はこちらを。


ホームズに関心のある人ならば、それこそ、ドラマ『SHERLOCK』のみで、原作(正典)は読んでいない、という人でも楽しめそう(クイズはまったく歯が立たないでしょうが)。夏の夜の一杯に、おすすめです。なお、独りで行くよりも、同好の士と一緒のほうが、クイズをああでもないこうでもないと一緒に解いたり、壁の写真を見ながら、どの写真がどの作品のものかあてたり想像したり、ホームズルックで写真を撮りあったりなど、より楽しめそうです。